読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこみみどーらくblog

nekomimistのよしなしごと

gitで仕事する生活。

手元バージョン管理を全部gitにしてからはや数ヶ月。最初はいろいろとまどったが、案外慣れてしまうものだ。

まず仕事方面。いろいろな都合から会社の中央レポジトリはSubversionなので、gitはgit-svnと共に使っている。最近の仕事はどっぷりLinuxで、gitでさくさくfeature branchを切りかえて作業ができるのは実によい。

仕事で相手をしているSubversionのレポジトリはtrunk/branches/tagsの標準的なスタイルなので、git svn clone時には-sをつけて、リモートのsvnブランチもローカルのgitのブランチとしてcloneしている。

git svn clone -s (subversionのURL) hoge

このcloneはかなり遅いが、まあ、一度作ってしまえば、あとは適当に[cci_bash]git svn rebase[/cci_bash]してゆけば更新されるのでさほど困りはしないはず。

さて、そうやってcloneしたレポジトリの上で、何か機能を作りこむ必要があるときは、

git checkout -b hogehoge

と作業ブランチhogehogeを作って作業し、確認が終わったら

git checkout master

して、git svn rebaseして、おもむろに、

git merge --squash hogehoge

あるいは

git merge ーno-ff hogehoge

としてhogehogeブランチの作業内容をマージしてから最後に

git svn dcommit

して、またgit svn rebaseしつづける定常状態に戻る。dcommit直前まではsvnのことを忘れていられるのがよい。

自宅環境(Windows&FreeBSD)にはsvnはからまないので普通にgitを使っている。自宅サーバにbareレポジトリを作って、そこにssh経由でpush/pullすることで出先からの取得・更新も可能にしているが、運用練習も兼ねてbitbucketに移動したほうが幸せかもしれないと最近は考えている。

LinuxでもFreeBSDでもWindowsでも、シェルにbashzshを使っている限りは補完が充実しているので、シェルで使うのが一番だ。ただ、作業はEmacs上で行うので、履歴や差分の確認はEmacs上のEggに頼ることも多い。慣れ親しんだEmacsのvc.elライクなキーバインドなので悩まずに済むのがよい。

さて、コマンドラインでgitを使っていてもコミットメッセージはEmacsを使いたいので、core.editorにはemacsclientを指定している。FreeBSDLinux上のEmacs(prefer-coding-system 'utf-8-unix)にしているので何もせずに新規バッファを作ればutf-8になるが、Windows環境は諸処の事情でutf-8を最優先にしていないので何もしないとコミットメッセージが化ける。んで、下記のhookを入れている。

(add-hook 'server-visit-hook
          (function (lambda ()
                      (if (string-match "COMMIT_EDITMSG" buffer-file-name)
                          (set-buffer-file-coding-system 'utf-8)))))

職場でもっとgitとgit svnの啓蒙活動をしたいところだなぁ。