読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこみみどーらくblog

nekomimistのよしなしごと

Windows Home Server (WHS)が終息してしまう話。

WHSが2011で終息して、Window Server 2012 Essentialsに統合されてしまうとの話で、Windowsクライアントのバックアップを統合的にハンドリングできる安価なソリューションがなくなってしまってちょっと困っている。

WHSv1が出てからずっと自宅のWindowsクライアントPCは物理仮想まとめてWHSにバックアップをまかせていたのでねぇ。何も考えずに直近a日間・b週間・c月間(a,b,cは変更可能)が取れてるし、リカバリDVDやUSBメモリで一発復旧できて便利だったのに、だったのに……。

さて、代替はどうしたものか。

  1. Windows7 or 8の標準バックアップにまかせる → 自動での世代バックアップと一発復旧を諦めることになる。復旧はともかく世代バックアップをあきらめるのはイヤだなぁ。
  2. Windows Server 2012 Essentialsを購入する → $425と高いし、バックアップのためだけに買うのはどうかなぁ……。
  3. 他の世代バックアップ可能なソフトを選ぶ。EaseUS ToDo Backupあたり?→無難な気がする。

とりあえず3.の方向でソフトを検討するとしよう。まぁ、VirtualBox上でWHS2011を動かすのもリソース的に厳しかったから、これはこれで割り切れていいのかもしれない。

(8/3追記)

EaseUS ToDo Backupを試用したが、やっぱどーもWHSのバックアップの楽さには勝てん。WHS2011がWindows8のバックアップにも対応するならば、しばらくそれでしのぐのがいいかもしれん。