ねこみみどーらくblog

nekomimistのよしなしごと

もうgitでいいや。

自宅のファイル管理環境としてBazaarをしばらく使ってたのだが、どうもあまり流行らない感じだったので、今年に入ってMercurialに乗りかえていた。が、なんかどうもgitの勢いがさらに増している感じがしていて、gitを知らないのはイマイチなのではないか、と思ったので、gitに乗りかえてみた。

まず、mercurialのレポジトリをgitに移行する。レポジトリはFreeBSD環境に全て入っていて、Windows側はすべてそれのcloneなので、FreeBSD環境で移行さえできればよい。portsMercurialとgitを入れて、hg-fast-exportを使えば、hg-fast-exportの制限にさえひっかからない限りは悩むことはない。うちでは制限にひっかからなかったので悩まずに済んだ。

で、git。手元の環境はWindowsなので下記2点を使っている。

うちのコマンドライン環境は非常にCygwinに依存しているので、コマンドラインで使う時はCygwin gitを使い、グラフィカルに見たい場合はGitHub for Windowsを使うという感じを目指している。GItHub for Windows 1.0.11でコミットログの文字コードがあやしくなっていたが、現状最新の1.0.12では直っているので問題ないようだ。

さて、GitHub for WindowsのバックエンドはmsysGitなので、つまりmsysGitとcygwin gitの両刀使いになっている。最近のmsysGitはファイル名をUTF-8として取り扱うので、この2つはあまり齟齬なく同居できるはずだ。

GitHubのアカウントも取ったけど、無料の範囲だと問答無用で公開になるのが悩みどころ。そこはbitbucketの方がよいのだよなぁ。

広告を非表示にする